マイペースに更新中・・・


■DVD & ゲーム 激安価格に挑戦!
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3日連続で試してみて、髪のベタつきに耐え切れず使用を諦めたレフィーネのナチュラルカラートリートメントですが、どうやら同時期に買い替えたノンシリコンシャンプー、リンスとの相性が悪かったような気がしてきた。

レフィーネを試してみるとの同時に買い替えたのが
コーセー オレオドール 
ボタニカル オイルリペア シャンプー ダメージリペアと

コーセー オレオドール 
ボタニカル オイルリペア トリートメント ダメージリペア

レフィーネを初めて使い始めた日から使用。

結果、髪がべた付き、嫌な手触りで、完全に乾かしてもサラッと感が全くなく、もう一度、髪を洗いたくなるほどだった。

レフィーネが合わないのかな??と思い、3日間、この組合せで試したものの、べた付きに耐え切れずに使用を諦めた。

翌日は、べた付いた髪を元に戻したくてレフィーネの使用を中止し、別に購入してあった他のノンシリコンシャンプーに変えてみたところ、べた付き感がほとんど無かった。

レフィーネを中止して、シャンプー、リンスだけにしたからベタ付きが取れたのかな?と思いましたが、ノンシリコンシャンプー、リンスも別のものに変えていたため、翌日、改めてレフィーネ ナチュラルカラートリートメントを試してみた。

最初の3日間の組合せと異なり、今回は・・・

image1.jpgimage2.jpg



ハーバルエッセンスクラシック ロマンティックアロマローズコレクション シャンプー 490ml[ハーバルエッセンス ノンシリコンシャンプー]【pg】【あす楽対応】

価格:753円
(2016/5/6 17:16時点)
感想(4件)




ハーバルエッセンスクラシック ロマンティックアロマローズコレクション コンディショナー 490ml[ハーバルエッセンス リンス さらさらタイプ]【pg】【あす楽対応】

価格:753円
(2016/5/6 17:18時点)
感想(2件)




これまでと同じようにして試した結果、コーセー オレオドール ボタニカル オイルリペア シリーズとは雲泥の差でべた付き感がほとんど無かった!
匂いも、こちらの方が良かった。

レフィーネが髪質に合わないのかと思って諦めかけていましたが、ノンシリコンシャンプー、リンスの方が私の髪質に合わなかった模様。

ハーバルエッセンスクラシック ロマンティックアロマローズコレクション は、さらさらタイプのようだし、コーセーの”オイルリペア”というのが髪に合わなかったのかも。


ただ、このハーバルエッセンスクラシック ロマンティックアロマローズコレクション シリーズは、今回、ネット通販で購入していて、髪もサラッと仕上がるし、匂いも良いし、詰め替え用を買っておこう・・・と思ったら、うちの近辺のドラッグストアとかで売ってない。。(T_T)
匂いとかも気に入ったので、もう少し近辺で探してみて、見つからなかったら今後も通販で購入することにする。

あと、レフィーネとハーバルのノンシリコンシャンプー、リンスの組合せで、べた付き感もなく、これからもレフィーネを使い続けられそうな気がしているものの、こめかみなどの生え際の染まり具合が悪くなった気がする。。
ハーバルのノンシリコンシャンプー、リンスの洗髪力がコーセーのノンシリコンシャンプー、リンスより強いのかも。

組合せを変えて試すまでの間、レフィーネ ナチュラルカラートリートメントを使わなかった日は、1日だけ。
1日使わずにシャンプー、リンスをしただけで、生え際の色が落ちてしまうということは、やっぱりレフィーネの色づき自体もあまり良くないのかな・・・という気がした。


でも、ノンシリコンシャンプー、リンスを変えたことで、髪のベタつきを感じることなく、手軽に髪を染められそうなので、もう少し使い続けてみようと思う。
スポンサーサイト
美容院や自宅で市販の毛染めで染めても、こめかみなどのすぐに根元が白っぽくなってしまうので、レフィーネ ナチュラルカラートリートメントを買ってみた。
ヘッドスパのタイプと迷ったが、ポンプ状だと、シャンプー、リンスなどと一緒に場所を取る・・・と思い、処分しやすそうなナチュラルカラートリートメントをチョイス。

image2.jpg

ネット上の情報や同封の冊子などを参考にまずは乾いた髪につけ、シャワーキャップをかぶって30分放置する方法でやってみた。
硬めで液だれせず、良いかも・・・という感じでした。

が・・・・
時間経過後、色が出なくなるまですすぎ、シャンプー、リンスを済ませて、ドライヤーをしていくうちに違和感が。。

染めている間や時間が経過して、充分にすすいでいる間は感じなかったけど、ドライヤーで髪が乾くにつれて、指どおりが悪くなる。
べた付く感じで、嫌な手触り。。。(;_;)

完全に乾かした頃には、サラッと感が全くなく、もう一度、髪を洗いたくなるほどでした。
1日目は、とりあえず、乾かした後、再度、洗ったりすること無く、終了しましたが、”これがトリートメント効果なのかな??”と、カールドライヤーで毛先を整えたら、毛先が過剰な程まるまる。。

手触りは、体調を崩して1日、2日、入浴できず、髪がベタっとしてしまうようなときの感じでした。。
色づきは、完全には染まらなかったけど、それなりに・・・という感じ。


最初は、3日くらい連続で染めると良いということだったので、2日目も乾いた髪につけて挑戦。
前日と同じようにしてドライヤーで髪を乾かす。

2日目も、やっぱり、乾き始めると髪のサラっとした感じが全くなくなっていく。。。
人にもよるかもしれないけど、私は頭を少し下に向けて髪を乾かし、終わって顔をあげると、髪がサラっと流れて落ち着く方なのに、このカラートリートメントを使って同じように乾かすと髪の動きが鈍く、顔を上げても髪が顔周りにとどまってしまう。

2日目は、さすがにこのベタ付く感じが耐えられず、完全に乾いた髪を改めて濡らして、”すすぎがたりないのかな??”とかなり念入りに洗い流したが、改めてドライヤーで乾かしても結果は同じ。。

2日目にして翌日の毛染めを迷い始めた。。。。(´・_・`)
色づきは、またさらに色がついたかなという感じで、染め具合に関しては良さそう。

結局、3日目も挑戦することにして、今度は、先にシャンプーしてタオルドライをしてからつけた。
(ベタついた髪をどうしても早く洗ってしまいたかった)

染め時間は、シャンプー後は10分から15分とのことだったので、15分過ぎた後、充分にすすぎ、あとはリンスのみ。
カラートリートメントだから、リンスは不要なのかな?と思いましたが、前日までのベタ付を思うとリンスをしない選択は考えられなかった。

結果、3日目も全く同じで、上の画像のようにまだ数回分残ってたけど、”私には合わないな・・・”と思って処分することにした。

色づきに関しては、良かったんだけどなぁ。。。

ネットを見ていても、これでベタベタするっていう感想は、どこかで1人だけ見かけた程度で、ア○ゾンでは色づきが悪いっていうコメントを多く見かけましたが、私は、色づきは、それなりに実感できたけどベタつきだけはどうしても我慢できなかった。

整髪料をつけ過ぎた感じというか・・・
あれがトリートメント効果によるしっとり感ということであれば、私の望むトリートメント効果ではなかったということかな。

この商品を買うタイミングで、ノンシリコンシャンプー、リンスに買い替えたということも関係しているのかなぁ。
とりあえず、今夜からは使わず、髪のベタつきを元のサラっとした状態に戻したいと思う。


ちなみに商品と一緒に購入した

image3.jpgimage4.jpgimage5.jpg

このブラシ2種類は、とっても使いやすかった!
特に薄紫色の方は、他の市販の毛染めとか、トリートメントカラーでも使いやすそう。
市販の毛染めについてるクシとかは、液がついていくと梳かしづらくなって使いにくかったりするけど、これは梳かしやすかった。
黒っぽい方も、こめかみとか染めにくい部分にしっかりと液がつけられて良かったです。
先日、注文しておいたスズキ ワゴンRのキーレススイッチカバーとブランクキーが到着。


真ん中がブランクキー、その左側がブランクキーのネジを留める側の部分、下が破損してネジ留めが出来なくなった現在のカギのパーツ。

S__6422531.jpg
右側が届いたキーレススイッチカバー
私の平成15年式 ワゴンRは、型式にMH21Sと書いてあったので、それに該当するスイッチカバーを注文。
ブランクキーは、キー部分の長さなどを測ったり、上部のプラスチック部分の形からキーブレードがM421タイプになるんじゃないかと思って注文。
まだ、ブランクキーはカギ部分を加工しておらず、上部のプラスチック部分のネジ側だけを流用したので完全に合っているかはわかりませんが、破損している手元のカギとほぼ同じ形なので、キーブレードがM421タイプの様子。

S__6422533.jpgS__6422534.jpgS__6422535.jpg
早速、キーレススイッチカバーを届いたものと交換してみる。
穴の開いてるキーレスは、現在、使用中のもののまま。
中のロック解除のパーツも、そのまま流用し、丸いポッチが取れてしまったカバーと新しく届いたカバーを交換し、ブランクキーのネジ留め側のパーツを流用。(留めるネジは、現在のキーレスのものをそのまま使用)

S__6422532.jpg
とりあえず、ネジを留めずにプラスチック部分を合わせてみる。
数年ぶりに丸いポッチが復活したことに感動。(ノ_<)

S__6422536.jpgS__6422537.jpg
黒いプラスチック部分は、ブランクキーから流用したネジ留め側のパーツ上部の輪っかにあるひっかけるような部分からセット(破損してたカギは、この部分も壊れて無くなっていた)

S__6422538.jpgS__6422539.jpgS__6422540.jpg
よく見るとビミョーに既存のキー側部分とネジ穴の位置がズレている感じ。
ネジを留めると、所々、パーツにズレが生じているけど、それほど気にならない。

S__6422541.jpgS__6422542.jpgS__6422543.jpg

S__6422544.jpg
改めて既存のカギをよく見ると、プラスチック部分にひびが入っていました。(^_^;)

いまのところ、ネジも留まっているし、問題なさそうですが、ひびが入っているので編んだカバーは、このまま使うことに。
S__6422545.jpgS__6422549.jpg

S__6422550.jpg
交換した破損の黒のプラスチックカバー部分やブランクキーの残りは、袋に入れて保管。
いずれ、現在のキー部分のプラスチックに入ったひびが本格的に割れて使えなくなったら、ブランクキーを使う予定。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。